理解しておく必要のある賃貸の敷金

"最近ではインターネットを利用することによって日本全国の賃貸物件をいとも簡単に見つけることが出来ます。
また実際にその賃貸に住んだ人の口コミ情報なども公開されていることがあるので是非参考にしてみてください。敷金は決して紹介してもらった不動産屋に支払うものではありません。
資金を不動産屋に対して支払っているかと思いますが、不動産屋から大家さんに後で渡されています。
敷金とは貴方が管理者である大家さんに預けておくお金となります。
最終的には戻ってくるお金であり、家賃の滞納分や部屋の修復費として使用されます。

 

民法で敷金とは、借り手の債務を担保するために、貸し手に渡すものとされています。
決められていることなので拒否をすることは出来ませんが、最近では資金ゼロの物件も多く出てきています。"

歌詞検索は当サイトへ
歌詞検索の案内
http://www.kget.jp/

後払い
後払い
http://www.xn--n8jwkxa0a7ii9c4p3868as9bgoq2xbm7a266h.com/



理解しておく必要のある賃貸の敷金ブログ:18-9-19

文明が発達したおかげで、
オレたち人間は、
どうしてもあさ食を食べざるをえなくなった。

そのために24時間3食になってしまい、
その結果、食べる事の量が増えて、
それが食べる事過剰になり、内臓は疲労しきって、
病気を発症してしまう…

人間のからだは元々は24時間1食であり、
文明が始まると共に24時間2食になった。

発達した文明を維持するために
24時間3食にすれば、
脳に栄養が送り届けられるが、
内臓が疲労しきってしまうのである。

母親としては
お子さんがたくさん食べ物を食べてくれれば
健康に育ってくれると思ってしまいがちだが、
現実はそうではない。

24時間3食で大食いしていたら、
確実に病気になるし、バカになってしまう。

我が子を健康にしたいのなら、
24時間2食半に抑え、
24時間の内、1食だけ多目に出せばいい。

平日は夕方食を多目に出し、
休日は13時食を多目に出せば、
お子さんは内臓を疲労することなく健康に育ち、
高い知能を発揮できるようになる。

母親にしても
24時間3回も食べる事を作っていたら、
疲れ切ってしまう…

母親自身が疲れ切っているために
料理がワンパターンになり、
挙句の果てはお惣菜を買ってきたり、
レトルト食品や冷凍食品やインスタント食品で
済ましてしまうようになる。

そのような食べる事をしていれば、
お子さんの健康に悪影響が出て来るのは必至。

それに24時間3食だと
食費だって高くつき、家計を圧迫してくる。

食費を多く出して
家族が健康になってくれれば、
その出費は有効であろうが、
出費が多いのに家庭内で病人が続出では
その出費は削減した方がいいのである。

家計が苦しいという前に、
24時間3食の食べる事パターンを改めるべきだと思う。



このページの先頭へ戻る